119番通報のかけ方
  一般電話や携帯電話からの119番通報のかけ方です   
  一般電話からのかけ方

   
   通報は落ち着いて、通信員の言葉に答えるようにして下さい。    
   応急手当をすれば、助かることもありますので、通信員の指導に従って下さい。    
   もしもの為に、住所や目標となるものなどを書いたメモを電話機前に貼っておきましょう。    
 
 
  携帯電話からのかけ方

   
   携帯電話で119番通報しますと、電話を掛けた場所を管轄する消防本部につながりますが、場所によっては他の消防本部につながる場合があります。市町村名からはっきりと場所を伝えて下さい。   
   通報場所によっては、受信感度が悪く通話が途切れたり、通話不能になる場合があります。近くに公衆電話がある場合は、なるべくその電話を利用して下さい。   
   車の運転中での携帯119番通報は、大変危険です。安全な場所に停車してから通報して下さい。    
   所在確認のため、消防本部からかけ直すことがありますので、消防隊、救急隊が到着するまで、電源を切らないで下さい。   
 
 
  火災の場合

   
   <消防本部の問いかけ>と<通報者の通報内容例>  
  119番消防署です。火事ですか?救急ですか?  
    火事です。  
  場所はどこですか?    
    あま市七宝町遠島十坪119番地1です。  
  消防車を出動させました。何が燃えていますか?    
  2階の202号室が燃えています。  
  ゲガ人や逃げ遅れた人はいませんか?    
    今のところいません。  
  あなたのお名前、電話番号は?    
    海部東部太郎 442−0119です。  
  はい、わかりました。    
 
 
  救急の場合

   
  <消防本部の問いかけ>と<通報者の通報内容例>   
  119番消防署です。火事ですか?救急ですか?  
    救急です。  
  場所はどこですか?    
    あま市七宝町遠島十坪119番地1です。   
  救急車を出動させました。どうされましたか?     
    父が20分前から胸が締め付けられるように痛いと訴えています。   
  お話はできますか? 普段と同じ息をしてますか?     
    話はできますが、かなり苦しがっています。   
  あなたのお名前、電話番号は?     
    海部東部太郎 442−0119です。   
  はい、わかりました。     
 
 
  口頭指導

   
   指令室員から電話を通じて応急手当の口頭指導があった場合は、指示に従って積極的に実施してください。心肺蘇生法の方法はこちらからご覧いただけます。   
 
 
  119番通報以外の緊急通報

   
   FAXによる緊急通報聴覚障害者等を対象としたFAX通報   

戻る