海部東部防火危険物安全協会設立 

 昭和46年4月1日に海部東部消防組合が発足、消防業務を開始したことに合わせ、海部東部危険物安全協会が昭和47年5月17日に設立、海部東部防火協力会は平成3年4月24日に設立し、それぞれに会の発展に努めてきましたが、平成17年4月28日に新たに海部東部防火危険物安全協会として設立されました。

 海部東部防火危険物安全協会の目的

 本会は、防火対象物および危険物施設の火災予防、保守管理並びに消防用設備等及び危険物の安全管理に必要な知識技能の普及徹底に努め、もって会員相互の融和、連絡を図り各事業の健全な振興発展と社会公共の福祉の増進に寄与することを目的としています。

 海部東部防火危険物安全協会の会員数

あま市  246事業所
大治町   58事業所
賛助   12事業所
 316事業所

 海部東部防火危険物安全協会の役員数

会 長  1名
副会長  3名
理 事 12名
監 事  2名
参 与  1名(消防長)
書 記  1名(予防課長)
20名

 なお、役員の選出は、会員の互選とし、理事の選出数について、あま市にあっては合併前の七宝町、美和町及び甚目寺町の区域を基準、町の区域ごとに2名とし、会員が40名を超えるごとに1名を加えた数とすることを基準とする。


 海部東部防火危険物安全協会の事務局は海部東部消防組合消防本部予防課に置く。


危険物全般、危険物取扱者試験、予備講習、保安講習、消防設備全般、消防設備士試験、点検資格者講習、点検資格者再講習、設備士試験予備講習会、設備士講習、蓄電池設備整備資格者講習、甲種・乙種防火管理者講習等詳しいことは下記までお問い合わせください。

問合せ先 TEL 052−442−1513 海部東部消防本部予防課


 年間行事内容

海部東部防火危険物安全協会役員会を4月、7月、2月の年間3回実施します。


尾張地区危険物安全協会、危険物取扱者試験の予備講習が年間4回実施されています。
 毎年4月、7月、10月、翌年1月頃に実施しています。
 受講料は、4,000円です。
 ※予備講習受講に伴い(一財)全国危険物安全協会の出版する危険物取扱必携のテキストが必要となります。


海部地方危険物安全協会連絡協議会により、危険物取扱者試験の勉強会が年間数回実施されています。
  試験日及び勉強会の予定表はこちら
 受講できる方は海部東部防火危険物安全協会会員のみで、受講料は無料です。
 
※予備講習受講に伴い(一財)全国危険物安全協会の出版する危険物取扱必携のテキストが必要となります。


海部東部防火危険物安全協会が、毎年3月1日から始まる春の火災予防運動の実施に伴い、セスナ機による空からの広報を実施します。


海部東部防火危険物安全協会が、危険物安全週間に伴いセスナ機による空からの広報を行います。


海部地方総合防災訓練に海部地方危険物安全協会連絡協議会の各会長及び各消防本部予防課職員が参加して、プロパンガス、てんぷら油の初期消火及び地震体験等を住民に指導しています。


海部東部消防署の職員が救助技術大会の参加に伴い、毎年、海部東部防火危険物安全協会の役員による激励会を行い激励品授与を行っています。


海部東部消防署の職員が、全国消防救助技術大会出場する場合には、海部東部防火危険物安全協会の会長が壮行会に出席し激 
励金を授与しています。


海部東部防火危険物安全協会役員の視察研修を実施しています。


海部東部防火危険物安全協会が毎年11月9日から始まる秋の火災予防運動の実施に伴いセスナ機による空からの広報を実施します。


(一社)愛知県危険物安全協会連合会主催による災害対策に関する特別講演会に海部東部防火危険物協会役員が出席しています。


海部東部消防組合主催の出初式に海部東部防火危険物安全協会役員の方の出席を得て実施します。


 以上のような年間行事に海部東部防火危険物安全協会役員の方々が賛同し、協力を得て、海部東部消防組合ならびに海部東部防火危険物安全協会の発展のためにおおいに貢献していただいております。


戻る