心肺蘇生法の手順 
 
1 反応を確認する

  傷病者の耳もとで「大丈夫ですか」または「もしもし」
   と大声で呼びかけながら、肩をやさしくたたき、反応が
   あるかないかをみます

  
 
2 119番通報と協力者への依頼

  協力者が来たら
   「あなたは119番へ通報してくださ い」
   「あなたはAED(自動体外式除細動器)を持ってきて
   ください」と具体的に依頼します
  
 
3 呼吸の確認

  傷病者が「普段どおりの呼吸」をしているかどうかを
  確認します

  傷病者のそばに座り10秒以内で
  胸や腹部の上がり下がりを見て
  普段どおりの呼吸をしているかを判断します

  反応はないが、「普段どおりの呼吸」がある場合は、
  様子を見ながら応援や救急隊の到着を待ちます。
 
 
4 胸骨圧迫(心臓マッサージ)

  傷病者に「普段どおりの呼吸」がない場合、あるいは
  その判断に自信が持てない場合には、心停止と判断し、
  危害を恐れることなく直ちに胸骨圧迫を開始します。
  胸骨圧迫によって全身に血液を送ることが期待できます。
 
  胸骨圧迫位置は、胸の真ん中にある胸骨の下半分を、
  重ねた両手で強く、速く、絶え間なく圧迫します

  胸骨の下半分に片方の手の付け根を置き、もう片方の
  手をその手の上に重ねます
 
 
  両肘をまっすぐ伸ばし、手の付け根の部分に体重を
  かけ、真上から垂直に傷病者の胸が約5p沈むまで
  しっかり圧迫します

  1分間に100〜120回の速いテンポで連続して30回
  絶え間なく圧迫します

  圧迫と圧迫の間は、十分に力を抜き、胸が元の高さ
  に戻るようにします
 
5 人工呼吸
  気道を確保したままで、額に当てた手の親指と人指
  指で傷病者の鼻をつまみます

  口を大きくあけて傷病者の口を覆い、空気が漏れな
  いようにして、息を約1秒かけて吹き込みます。
  傷病者の胸が持ち上がるのを確認します

  いったん口を離し、同じ要領でもう1回吹き込みます

 ※ 口と口を直接接触させた人工呼吸を行うことにためらわれる場合には
   人工呼吸を省略し、胸骨圧迫のみを続けます
 

6 心肺蘇生法の実施

  (胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせを継続)

  胸骨圧迫を30回連続して行った後に、人工呼吸を
  2回実施します

  この組み合わせを、救急隊員と交代するまで絶え間
  なく続けます 
 

応急手当に戻る  救急関係に戻る